不貞行為が離婚の理由

離婚をする理由に、相手の不倫や浮気といった不貞行為が原因で離婚をする人がいます。男女で不貞行為による離婚に至ったケースは、全体を見ると少ないですが、男性が他の女性と浮気をしたというケースが多く、離婚相談をする方で、不貞行為による離婚の相談者は女性が多いようです。

もしも、相手の不貞行為で離婚をすることを決意した場合。
何から始めればいいのか、特別な手順が必要なのか?と考える人もいますが、離婚の手順は性格の不一致による離婚となんら違いはありません。

相手の不貞行為での離婚でも、協議離婚で話し合いが成立するケースもあるのです。
しかし、多くの場合には、不貞行為をされた場合に慰謝料を請求することが大半で、その慰謝料を請求するため、または不貞行為が離婚の原因であると証明するための、不貞行為の証拠を準備しておく必要も、場合によっては必要があります。

その不貞行為の証拠を集める方法としては、2種類あります。
自分で証拠を探す、または、探偵などの調査業者へ依頼して調査をしてもらう。この2つです。
自分で証拠を集めた場合には、状況証拠や間接証拠といった、証拠能力として低く評価されてしまう場合もあり、不貞行為に結びつけるだけの十分な証拠として認められないケースもあるようです。
探偵などの調査業者へ依頼して、証拠を集めた場合には、その業者側が離婚裁判でも使うことが出来る証拠を取ることを前提として依頼をすることも可能なので、直接証拠を手に入れることが出来る可能性は高くなります。

しかし、この探偵業者へ依頼をして、不貞行為の証拠を集める場合にも、必ずしも証拠が手に入るというわけではなく、探偵業者が失敗してしまい証拠が取れないかも知れないというリスクもあることを知っておく必要があります。