離婚のいくつかの方法

離婚をするとき、夫婦ではお互いに話をして、離婚条件に納得した上で、離婚届に書名捺印をして、住所を置く役所へ届けるのが一般的です。

この離婚する相手同士で話し合って離婚をする方法のことを協議離婚といいます。離婚をする方法で最も多いのがこの協議離婚です。

そして、この協議離婚のほかにも離婚の手段と方法が、調停離婚、審判離婚、裁判離婚です。

裁判離婚に関しては名前から判断することも出来ますが、裁判所へ離婚の可否を判断してもらうものです。 では、調停離婚と審判離婚はどうでしょうか?

調停離婚とは、協議離婚で離婚条件に満足出来ない、または一方が離婚を望んでいても相手が離婚を望んでいなかったとき、裁判所へ調停離婚の申請を行い、調停員に間に立ってもらい離婚の話し合いを行います。

そして、審判離婚は、調停内容に不服があり、離婚をすることを望まない場合などで、裁判所から調停内容を参考にした審判をしてもらい離婚を行うといった方法です。
ただ、この審判離婚では、審判が出てから、その審判内容に不服があった場合に2週間の間で不服申し立てをすることで、取り下げをすることが出来ます。

申し立てをすると、もう一度審判を行うのではなく、家庭裁判所での裁判をおこなうかどうかの判断をする必要があります。